logo


野田 真史   [分子科学研究所 信定グループ 特任研究員(ポスドク)]

連絡先

============================================================
 〒444-8585
 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
 分子科学研究所 理論・計算分子科学研究領域
 Tel: 0564-55-7267 Fax: 0564-53-4660
 E-mail: noda @ ims.ac.jp (@の前後のスペースをお取りください。)
============================================================

履歴

 1995年4月-1998年3月 茨城県立土浦第一高等学校 卒業
 1998年4月-2002年3月 東京理科大学理学部物理学科
 2002年4月-2004年3月 東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻 修士課程
 2004年4月-2007年3月 東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻 博士課程
 2004年10月-2005年3月 Massachusetts Institute of Technology 短期留学
 2007年4月- 分子科学研究所 理論・計算分子化学研究領域 博士研究員

Publications

(1) 学術論文(査読あり)
[1] M. Noda and S. Watanabe, "Tight-Binding Calculation of Current Distribution in a Porphin Connected to Two Semi-Infinite Wires", Jpn. J. Appl. Phys. Vol. 42, pp. L892, Aug. 2003.
[2] R. Suzuki, M. Noda, T. Tada and S. Watanabe, "Tight-Binding Analysis of Surface Electronic Conduction Measured with Micro-Multi-Point STM Probes", Jpn. J. Appl. Phys. Vol. 45, pp. 2136, Mar. 2006.
[3] Y. Kawashita, K. Yabana, M. Noda, K. Nobusada and T. Nakatsukasa, "Oscillator strength distribution of C60 in the time-dependent density functional theory", J. Mol. Struct. (Theochem) Vol. 914, pp. 130, Nov. 2009.
[4] M. Noda, T. Yasuike, K. Nobusada and M. Hayashi, "Enhanced Raman spectrum of pyrazine with the aid of resonant electron dynamics in a nearby cluster", Chem. Phys. Lett. Vol. 550, pp. 52, Sep. 2012.
[5] M. Noda, K. Ishimura, K. Nobusada, K. Yabana and T. Boku, "Massively-parallel electron dynamics calculations in real-time and real-space: Toward applications to nanostructures of more than ten-nanometers in size", J. Comput. Phys. Vol. 265, pp. 145, May. 2014.
[6] K. Iida, M. Noda and K. Nobusada, "Theoretical approach for optical response in electrochemical systems: Application to electrode potential dependence of surface-enhanced Raman scattering", J. Chem. Phys. Vol. 141, pp. 124124, Sep. 2014.
[7] K. Iida, M. Noda, K. Ishimura and K. Nobusada, "First-Principles Computational Visualization of Localized Surface Plasmon Resonance in Gold Nanoclusters", J. Phys. Chem. A Vol. 118, pp. 47, Nov. 2014.
[8] K. Iida, M. Noda and K. Nobusada, "Control of optical response of a supported cluster on different dielectric substrates", J. Chem. Phys. Vol. 142, pp. 214702, Jun. 2015.
[9] K. Iida, M. Noda and K. Nobusada, "Interface Electronic Properties Between a Gold Core and Thiolate Ligands: Effects on an Optical Absorption Spectrum in Au133(SPh-tBu)52", J. Phys. Chem. C Vol. 120, pp. 2753, Jan. 2016.

(2)学会等のプロシーディング
[10] M. Noda and S. Watanabe, "Tight-Binding Calculation of Electrical Properties of a Single Molecule Connected to a Few Semi-Infinite Electrodes", Trans. Mat. Res. Soc. Jpn. Vol. 29, pp. 3687, Dec. 2004.
[11] M. Noda, C. Fischer, T. Kadohira, G. Ceder and S. Watanabe, "First-Principles Calculation for Stable Structures in the System of Au/Si(111)", 4th UT2 (Tokyo-Toronto) Graduate Student Workshop Proceedings on Nanoscale Materials Structure, Design and Processing, pp. 13, May, 2005.
[12] M. Noda, C. Fischer, T. Kadohira, G. Ceder and S. Watanabe, "First-Principle Calculation of Stable Structures in the System of Au/Si(111)", The 1st UT-SNU-TU Student Workshop, pp. 112, Nov. 2005.
[13] Y. Konishi, R. Igarashi, S. Kasamatsu, T. Kato, N. Kawashima, T. Kawatsu, H. Kouta, M. Noda, S. Sasaki, Y. Terada, S. Todo, S. Tsuchida, K. Yoshimi and K. Yoshizawa, "MateriApps - a Portal Site of Materials Science Simulation", Proceedings of Computational Science Workshop 2014 (CSW2014), pp. 011007.
[14] M. Noda, K. Ishimura and K. Nobusada, "Program Package of Photoinduced Electron Dynamics: GCEED (Grid-based Coupled Electron and Electromagnetic field Dynamics)", Proceedings of Computational Science Workshop 2014 (CSW2014), pp. 011010.

Presentations

<国内学会>
[1] 野田 真史、渡邉 聡、"強束縛法による3電極間分子の電流分布計算"、日本物理学会、東北大学川内キャンパス、2003年3月28日〜3月31日(発表:28日)。ポスター。
[2] 野田 真史、渡邉 聡、"強結合法による3電極間分子の電流分布計算II"、日本物理学会、岡山大学、2003年9月20日〜9月23日(発表:20日)。ポスター。
[3] 野田 真史、渡邉 聡、"強結合法による3電極間ポルフィリン分子の電子輸送計算"、第5回分子スケールエレクトロニクス研究会、分子科学研究所・ひがきホテル(三谷)、2004年4月8日〜4月10日(発表:9日)。ポスター。
[4] 野田 真史、渡邉 聡、"3電極間ポルフィリン分子の電気輸送解析"、東京大学COE(化学・材料 系)合同シンポジウム、東京大学弥生講堂、2004年6月25日、6月26日(発表:25日)。ポスター。
[5] 野田 真史、C. Fischer、門平 卓也、G. Ceder、渡邉 聡、"第一原理計算によるAu/Si(111)表面の安定構造評価"、日本物理学会、同志社大学京田辺キャンパス、2005年9月19日〜9月22日(発表:22日)。口頭。
[6] 野田 真史、C. Fischer、門平 卓也、G. Ceder、渡邉 聡、"第一原理計算によるAu/Si(111)微斜面の安定構造評価"、日本物理学会、千葉大学西千葉キャンパス、2006年9月23日〜9月26日(発表:25日)。ポスター。
[7] 野田 真史、C. Fischer、門平 卓也、G. Ceder、渡邉 聡、"Si(775)表面上に形成されたAu/Si(111)5×2構造の安定性評価"、日本物理学会、鹿児島大学郡元キャンパス、2007年3月18日〜3月21日(発表:20日)。ポスター。
[8] 野田 真史、信定 克幸、"金属クラスターの大規模電子ダイナミクス計算"、ナノ統合拠点第2回公開シンポジウム、岡崎コンファレンスセンター、2008年3月4日、3月5日(発表:5日)。ポスター
[9] 野田 真史、信定 克幸、"時間依存密度汎関数法による巨大銀クラスターの光学応答計算"、日本物理学会、近畿大学本部キャンパス、2008年3月23日〜3月26日(発表:26日)。ポスター。
[10] 野田 真史、信定 克幸、"時間依存密度汎関数法に基づく銀・分子複合クラスターの電子ダイナミクス"、日本物理学会、岩手大学上田キャンパス、2008年9月20日〜9月23日(発表:22日)。ポスター。
[11] 野田 真史、信定 克幸、"強レーザー場におけるC60からの高次高調波発生の実時間・実空間電子ダイナミクス"、分子科学討論会、福岡国際会議場、2008年9月24日〜9月27日(発表:24日)。ポスター。
[12] 野田 真史、信定 克幸、"実空間・実時間電子ダイナミクス計算によるC60からの高次高調波発生のレーザー偏光依存性"、次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェア説明会、2009年3月11日。ポスター。
[13] 野田 真史、信定 克幸、"円偏光レーザーパルス励起によるC60からの高次高調波発生の電子ダイナミクス"、理論化学討論会、東京大学武田先端知ビル、2009年5月28日〜30日(発表:29日)。ポスター。
[14] 野田 真史、信定 克幸、林 倫年、"時間依存密度汎関数理論に基づくピラジン ‐ ナトリウムクラスターの表面プラズモン励起ダイナミクス"、ナノ統合拠点第4回公開シンポジウム、岡崎コンファレンスセンター、2010年3月3日、3月4日(発表:4日)。ポスター。
[15] 野田 真史、信定 克幸、林 倫年、"ピラジン‐ナトリウムクラスターの表面プラズモン励起の実時間電子ダイナミクス"、日本物理学会、岡山大学津島キャンパス、2010年3月20日〜3月23日(発表:23日)。ポスター。
[16] 野田 真史、信定 克幸、"実時間実空間電子ダイナミクス法大規模並列化計算プログラムの開発"、物性研・CMSI・次世代ナノ情報合同研究会、東京大学物性研究所、2011年1月5日〜1月7日(発表:6日)。ポスター。
[17] 野田 真史、信定 克幸、"実時間実空間電子ダイナミクス法プログラムの大規模並列化の現状と展望"、ナノ統合拠点第5回公開シンポジウム、甲南大学ポートアイランドキャンパス、2011年2月22日、2月23日(発表:23日)。ポスター。
[18] 野田 真史、信定 克幸、林 倫年、"隣接分子の共鳴電子ダイナミクスを利用した電子励起の増強"、第14回理論化学討論会、岡山大学創立五十周年記念館、2011年5月12日〜5月14日(発表:14日)、口頭
[19] 野田 真史、信定 克幸、"実時間・実空間電子ダイナミクス法プログラムの現状"、第2回CMSI研究会、東北大学金属材料研究所講堂、2012年1月30日、1月31日(発表:30日)。ポスター。
[20] 野田 真史、信定 克幸、"実時間・実空間電子ダイナミクス法プログラムの開発の現状"、計算分子科学研究拠点 第3回研究会、自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター、2012年10月9日、10月10日(発表:10日)。口頭。
[21] 野田 真史、信定 克幸、"実時間・実空間電子ダイナミクス法によるC60ナノ構造体の光学応答計算"、第3回CMSI研究会、自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター、2012年12月3日〜12月5日(発表:4日)。ポスター。
[22] 信定 克幸、野田 真史、"ナノ構造体における電子・電磁場ダイナミクスと超並列計算"、第3回HPCI戦略プログラム 分野2×分野5 異分野交流会、分子科学研究所、2013年11月13日〜11月14日(発表:13日)。口頭。
[23] 野田 真史、石村 和也、信定 克幸、"ナノ構造体光励起ダイナミクス並列計算プログラムGCEEDの開発とその応用"、第4回CMSI研究会、物性研究所、2013年12月11日〜12月13日(発表:11日)。ポスター。
[24] 野田 真史、石村 和也、信定 克幸、"CMSI高度化支援で得た技術紹介"、第3回CMSI「京」・HPCIスパコン利用情報交換会、理化学研究所 計算科学研究機構、2014年6月30日、7月1日(発表:1日)。口頭。
[25] 野田 真史、信定 克幸、"ナノ構造体界面の光励起電子ダイナミクス"、第75回応用物理学会周期学術講演会、北海道大学 札幌キャンパス、2014年9月17日〜9月20日(発表:17日)。口頭。
[26] 野田 真史、石村 和也、信定 克幸、"光励起電子ダイナミクスプログラムGCEEDの開発と応用"、第5回TCCI研究会、自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター、2014年10月17日、10月18日(発表:17日)。ポスター。
[27] 野田 真史、石村 和也、信定 克幸、"GCEEDプログラムの計算精度及び計算効率の考察"、第5回CMSI研究会、東北大学 片平キャンパス さくらホール、2014年12月8日〜12月10日(発表:9日)。ポスター。
[28] 野田 真史、信定 克幸、"金属有機構造体内部に発生する光近接場を利用したアセチレン分子の光誘起ダイナミクス"、第6回CMSI研究会、東京大学 小柴ホール、2015年12月7日〜12月8日(発表:7日)。ポスター。
[29] 野田 真史、信定 克幸、"金属有機構造体におけるアセチレン分子の近接場光励起ダイナミクス"、第6回TCCI研究会、自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター、2016年3月14日〜3月15日(発表:14日)。ポスター。
[30] 野田 真史、信定 克幸、"光近接場を利用した分子の2倍波励起"、第1回ポスト「京」重点課題(7)研究会、東京大学 小柴ホール、2016年7月21日〜7月22日(発表:21日)。ポスター。
[31] 野田 真史、山口 真生、信定 克幸、"近接場光励起ダイナミクスの可視化を用いた解析"、第1回 AVSユーザーフォーラム、富士ソフト アキバプラザ、2016年8月5日(発表:5日)。口頭。招待講演。
[32] 野田 真史、信定 克幸、"間接バンドギャップを持つ原子鎖の波数励起"、第2回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))シンポジウム、東京大学物性研究所、2016年12月6日〜12月7日(発表:6日)。ポスター。

<国際学会>
[33] 野田 真史、渡邉 聡、"Tight-Binding Calculation of Current Distribution in a Porphyrin Connected to a Few Electrodes", M&BE2, GAKUSHI KAIKAN, Presentation: Mar. 6, 2003. ポスター。
[34] 野田 真史、渡邉 聡、"Tight-Binding Calculation of Electrical Properties of a Single Molecule Connected to a Few Semi-Infinite Electrodes", IUMRS-ICAM 2003, Pacifico Yokohama, Conference Center, Oct. 8-13 (Presentation: Oct. 10), 2003. ポスター。[Young Scientist Awards 受賞]
[35] 野田 真史、渡邉 聡、"Tight-Binding Analysis of Current Distribution in a Porphin Molecule Connected to a Few Electrodes", ACSIN-7, Nara-Ken New Public Hall, Nov. 16-20 (Presentation Nov. 19), 2003. ポスター。
[36] 野田 真史、渡邉 聡、"Tight-Binding Analysis of Electron Transport in Porphyrin Molecules Connected to a Few Electrodes", APS March Meeting, Palais des Congres de Montreal (Montreal, Canada), Mar. 22-26 (Presentation: Mar. 24), 2004. 口頭。
[37] 野田 真史、渡邉 聡、"Tight-Binding Calculation of Electron Transport in Porphyrin Molecules Connected to a Few Electrodes", IVC-16/ICSS-12/NANO-8/AIV-17, Film Festival Palace and Casino Palace (Venice, Italy), Jun. 28- Jul. 2 (Presentation: Jun. 30), 2004. 口頭。
[38] 野田 真史、渡邉 聡、"Tight-Binding Analysis of Electron Transport in Porphyrin Molecules Connected to a Few Electrodes", 3rd UT2 Student Workshop, Univ. of Tokyo, Presentation: Aug. 2- Aug. 3 (Presentation: Aug. 2), 2004. 口頭。
[39] 野田 真史、C. Fischer、門平 卓也、G. Ceder、渡邉 聡、"First-Principles Calculation for Stable Structures in the System of Au/Si(111)", 4th UT2 Student Workshop, Univ. of Toronto (Toronto, Canada), May. 29- Jun. 2 (Presentation: May 30), 2005. 口頭。
[40] 野田 真史、C. Fischer、門平 卓也、G. Ceder、渡邉 聡、"First-Principles Calculation of Stable Structures in the System of Au/Si(111)", 3rd International Symposium on Frontier of Nanochemistry and Nanomaterials, Takeda Hall, Univ. of Tokyo, Oct. 3-4 (Presentation: Oct. 3), 2005. ポスター。
[41] 野田 真史、C. Fischer、門平 卓也、G. Ceder、渡邉 聡、"First-Principles Calculation of Stable Structures in the System of Au/Si(111)", The 1st UT-SNU-TU Student Workshop, Sanjo Conference Hall, Univ. of Tokyo, Nov. 10-11 (Presentation: Nov. 11), 2005. 口頭。
[42] 野田 真史、C. Fischer、門平 卓也、G. Ceder、渡邉 聡、"First-Principles Study of Stable Structures of Au/Si(111) Surfaces", ISSS-4, Omiya Sonic City, Nov. 14-17 (Presentation: Nov. 16), 2005. 口頭。
[43] 野田 真史、C. Fischer、門平 卓也、G. Ceder、渡邉 聡、"Energetic Instability of Au/Si(111)-(5x2) Structures by First Principles Calculation", ECOSS24, Universite Paris V, Sep. 4-8 (Presentation: Sep. 4), 2006. 口頭。
[44] 野田 真史、C. Fischer、門平 卓也、G. Ceder、渡邉 聡、"First-Principles Investigation on the Au/Si(111)-(5×2) Structure", ISSP10, Kashiwa Canpus, Univ. of Tokyo, Oct. 9-13 (Presentation: Oct. 12), 2006. ポスター。
[45] 野田 真史、C. Fischer、門平 卓也、G. Ceder、渡邉 聡、"Density Functional Study on Energetic Instability of the 5×2 structure on Au/Si(111) and Au/Si(775) surfaces", APS, Colorado Convention Center, Mar. 5-9 (Presentation: Mar. 6), 2007. 口頭。
[46] 野田 真史、信定 克幸、"A TDDFT Approach toward Electron Dynamics in Nanometer-Sized Silver Clusters", 1st International Conference of The Grand Challenge to Next-Generation Integrated Nanoscience. Tokyo Academic Parc, Jun. 3-7 (Presentation: Jun. 5), 2008. ポスター。
[47] 野田 真史、信定 克幸、"Massively-Parallel TDDFT calculations based on Finite Difference method in Real-time and Real-Space", Conference on Computational Physics (CCP2012). The Nichii Gakkan Conference Center (Kobe, Japan), Oct. 14-18 (Presentation: Oct. 16), 2012. ポスター。
[48] 野田 真史、石村 和也、信定 克幸、"Massively-parallel electron dynamics calculations on the K computer", CMSI International Satellite Meeting 2013 in Tokyo. The University of Tokyo (Tokyo, Japan), Oct. 18-19 (Presentation: Oct. 19), 2013. 口頭。
[49] 野田 真史、石村 和也、信定 克幸、"Development of massively-parallelized electron dynamics program on the K computer and its application", International Workshop on Massively Parallel Programming Now in Molecular Science. Sanjo Conference Hall, The University of Tokyo (Tokyo, Japan), Feb. 4, 2014. 口頭。
[50] 野田 真史、石村 和也、信定 克幸、"Massively-Parallel Electron Dynamics Calculations in Real-time and Real-Space", Quantum Dynamics Research Meeting. Vanderbilt University (Nashville, U. S. A.), Mar. 10-12 (Presentation: Mar. 11), 2014. 招待講演。
[51] 野田 真史、石村 和也、信定 克幸、"Program Package of Photoinduced Electron Dynamics: GCEED (Grid-based Coupled electron and Electromagnetic field Dynamics)", Computational Science Workshop 2014. International Congress Center (Tsukuba, Ibaraki, Japan), Aug. 20-22 (Presentation: Aug. 21), 2014. ポスター。
[52] 野田 真史、信定 克幸、"Photoinduced electron dynamics of core-shell structures ", Sweden-Japan Workshop on Nanoscale Electron-Photon Interactions via Energy Dissipation and Fluctuation. Royal Institute of Technology (KTH) (Stockholm, Sweden), Nov. 26-27 (Presentation: Nov. 247), 2015. 口頭。